「僕とBEASTを愛して下さるファンのため、勇気を出して真心を伝える」
012

アイドルグループBEASTのメンバーチャン・ヒョンスンが、態度論議に対して公式の立場を発表した。
BEASTの所属事務所キューブエンターテインメントは公式Twitterに謝罪の言葉を綴った1枚の写真を上げた。
キューブエンターテインメントは「当社所属アーティストであるBEASTチャン・ヒョンスンの論議と関連し、所属事務所の公式立場をお伝えします」と話し始めた。引き続き「チャン・ヒョンスン本人が最近オンラインで提起された問題点全般に対して認識している。自身の態度から始まった論議を全て認めて、現在、反省の時間を過ごしている」と明らかにした。そして「当社もやはりアーティスト管理不足から始まった問題であることを痛感している。今後このようなことが発生しないように最善を尽くす」と付け加えた。最後に「もう一度今回と関連して多くの方々にご心配をおかけした点に頭を下げ、謝罪の言葉をお伝えします」と再度謝罪の立場を伝えた。

チャン・ヒョンスンもまたこの日、BEASTのファンカフェに「こんにちはチャン・ヒョンスンです」という題名のコメントを載せた。
チャン・ヒョンスンは「最近良くない便りで多くのファンの方々に心配をおかけすることになり本当に申し訳ございません。議論になった部分は弁解の余地のない僕の過ちであり、心から悔いて反省している」と明らかにした。引き続「僕とBEASTを愛して下さるファンの方々のために、このようにでも勇気を出して真心を伝えようと思う」としながら「もう一度、心配をおかけして非常に申し訳ない」と伝えた。

先立って今月20日、某オンラインコミュニティ掲示板には「結局ファンたちを爆発させたチャン・ヒョンスン」という題名の長文のコメントと共に数枚の写真がアップされた。

BEASTのファンだと明らかにした投稿者は、チャン・ヒョンスンが2012年からステージやファンミーティングなどの場所で不誠実な態度を見せたと明かし、持続的なフィードバック要請にも関わらず、いかなる返事も聞くことはできなかったと明らかにした。その後チャン・ヒョンスンのSNSアカウントには、応援コメントと非難コメントが殺到した。