2時間半、合計21曲を披露
012l

人気バンドCNBLUEが豊かで華やかなバンドサウンドを披露してシンガポールコンサートを盛況裏に終えた。
CNBLUEは今月13日、シンガポール・インドアス・タジアムでライブツアー「COME TOGETHER」を開催した。CNBLUEは約2時間30分の間、「シンデレラ(Cinderella)」「かくれんぼ(Hide and Seek)」「Domino」など合計21曲を披露し、シンガポールのファンと共にバレンタインデー前夜を熱くした。

CNBLUEは英語はもちろん現地語であるホキエン語で公演を進行しながら、観客を考慮したコミュニケーション型ライブでファンから大きな反響を得た。客席をいっぱいに満たしたファンたちは、CNBLUEの2ndアルバム『Cinderella(シンデレラ)』のコンセプトに合わせてティアラを被ったり、アンコール曲中にLED風船で公演会場を明るくするなど、熱情的な姿でステージに応えた。

さらに「The Straits Time」など現地の有力メディアは「CNBLUEは公演でカリスマと面白味をどちらも見せた。不必要なものを排除したすっきりしたステージだったが、戦慄を感じた」と現場の熱気を伝えた。特に「ギター、キーボード、シンセサイザーなどの色々な楽器を行き来してステージを縫ったリーダーおよびボーカル ジョン・ヨンファは、アレンジはもちろん英語やホキエン語を交えた曲で、ミュージシャンとしての威厳を見せた」と絶賛を惜しまなかった。

特に公演後には“yonghwa(ヨンファ)”がシンガポールのTwitterでリアルタイムのトレンドキーワードに上がるなど、グローバルな人気を立証した。

一方CNBLUEは今月19日と20日に台北、3月12日に南京、19日に重慶、26日に杭州でアジアツアー「COME TOGHETER」の熱気を繋ぐ。