それぞれ違ったレッドカラーでセクシーなポイントを生かす
011

ガールズグループ4Minuteが2月1にタイトル曲「Hate」で電撃カムバックする。
1年間の空白を打ち破り、韓国を越えて全世界に“ガールクラッシュ”(女性が夢中になる女性)ブームを狙う4Minuteの今回のタイトル曲「Hate」は、“ダブステップ”ジャンルの創始者と呼ばれるアメリカの有名DJスクリレックス(SKRILLEX)が作曲に参加し、4Minuteへのグローバル支援射撃に出る。

2月1日、各オンライン音源サイトに公開される4Minuteのカムバックタイトル曲「Hate」は、DJスクリレックスと韓国人作曲家ソ・ジェウ、ソン・ヨンジンが共同作曲したEDM HIPHOPダンス曲だ。別れを直感した1人の女性の壮絶な感情を直接的に歌詞にした。女性たちの心を代弁するこの曲は変化の激しい変奏、中毒性の強いリフレインが、4Minuteだけが表現できる強力なカリスマを届ける。

4Minuteは公式SNSチャンネルを通じてミニ7thアルバム『Act.7』の第2次ジャケットイメージとタイトル曲「Hate」の題名を共に公開した。公開された第2次ジャケットイメージの4Minuteはドキッとするタンクトップとデニムのショートパンツをマッチしたシンプルなスタイリングを着こなした。ここにそれぞれ違ったレッドカラーでセクシーなポイントを生かして注目を浴びた。
ホッケーの手袋や独特なアイメイクで目を引いたホ・ガユン、濃いレッドリップとネイルでグラマラスな魅力を生かしたナム・ジヒョン、キム・ヒョナとチョン・ジユンの独特な赤いサングラス、末っ子クォン・ソヒョンのファンキーな真っ赤なヘアまで、ありきたりを嫌う4Minuteの個性が十分ににじみ出る。

特に4Minuteの今回の写真は先立って公開された第1次ジャケットイメージと相反しながらも、レトロな雰囲気漂うスタイリングという共通点がにじみ出た。カムバックまで1週間を切った彼女たちが披露するステージがどんな姿なのか、ファンたちの様々な意見を生んでいるなか. 独歩的に成長したタフなキャラクター4Minuteのカムバックに多くの関心が寄せられている。
一方4Minuteの華やかな第7幕を開くミニ7thアルバム『Act.7』は今月1日正午、各オンライン音源サイトを通じて公開される。