ラッパーのカリスマを隠して役に没頭
004

MBC水木ヒューマンコメディ『甘い殺伐ファミリー』に出演中のアイドルグループBTOBのミンヒョク(ユン・ソンミン役)が、今回の作品を通じてBTOBのラッパーとしてのカリスマを隠してキャラクターに没頭した。

制服を着て丸メガネをかけた全校1位のソンミンから、ストリートパフォーマンスをしながら音楽の夢を育てるソンミンまで、18歳のユン・ソンミンの多彩な感情と悩みを表現する彼の演技力は、回を重ねるほど上昇した。ミンヒョクがギターを弾いて歌を歌うシーンは、BTOBとして立つステージではなかなか見られなかった姿で一味違う魅力を感じさせた。

甘美な声で歌唱力まで誇った彼は、Girl‘s Dayのミナ(ペク・ヒョンジ役)との切ない恋愛模様まで見せて女心を翻弄した。このように感情演技やロマンスでテレビドラマの実績を積んだミンヒョクの演技成長は、ドラマを観賞するもうひとつのポイントだった。今後、演技アイドルとして飛躍していくミンヒョクの歩みに注目を浴びている。