総合ギフトセットのような高い完成度
011

ソロデビューした歌手イ・ホンギが単独公演を大成功させた。

イ・ホンギは今月9日、10日、ソウル市漢南洞(ハンナムドン)ブルースクエア・サムスンカードホールで、デビュー9年にして初めてのソロアジアツアー「LIVE 302」のソウル公演を開催した。

この日イ・ホンギはEDM、正統バラードはもちろんロックまで行き来する多彩なステージでFTISLANDとはまた違う姿を見せた。非常に楽しいテンポのシンセポップ「LOL(Loudness of Love)」で公演の火ぶたを切ったイ・ホンギは、DJと共に「Be Your Doll」「Let’s Seize the Day)’などソロアルバム『FM302』の収録曲を披露して楽しいビートで観客の興味を引き上げた。

さらに「マリヤ」「相変わらず」などドラマOSTをジャズ風のアコースティックステージで準備して感性的なステージをプレゼントしたのはもちろん、イム・ジェボム デビュー30周年記念アルバムで歌った「君のために」、MBC「覆面歌王」で話題になったチョ・チャンヒョクの「中毒になった愛」を再び熱唱して観客に濃い感動を届けた。FTISLANDの長年の名曲である「Don’t Love」「Because I Didn’t Know How To Love」でファンたちの懐かしさを刺激し、「Do or Die」などロックスピリットあふれるステージで爆発的な歌唱力も誇った。

この日イ・ホンギはラジオDJにもなってファンの悩みを聞く“超密着コミュニケーション”で注目を浴びた。娘につられてファンになった50代のお父さん、結婚を控えて悩む香港ファン、K-POP文化で家族と揉めているハンガリーファンの悩みが続き、多様な国籍と年齢が共に呼吸する公演を完成した。両日ともスペシャルゲストでイ・ジェジンが登場し、故キム・グァンソクの「愛したけど」、パニックの「停留場」を熱唱した。

9日の公演には懇意な女優パク・シネが、10日公演には女芸人イ・グクジュがサプライズ登場してファンたちに嬉しさを抱かれた。豊かな見どころで観客を魅了してソウル公演を盛況裡に終えたイ・ホンギは、今月17日に台湾・台北、23日と24日それぞれ中国の上海と広州、2月14日に香港で単独公演を広げてアジアツアーを継続する。