軍隊イコール“忘れられる期間”ではない
012_1l

2016年申年、少女ファンたちは再び“お兄さん”を軍隊に送ることになった。昨年、東方神起のチャンミン、JYJのジェジュン、ユチョンをはじめ、SUPER JUNIORのシウォン、ドンヘ、ウニョク、ZE:A(ゼア、帝国の子供達)のミヌ、テホン、そしてキム・ヒョンジュンなどそうそうたるスターが入隊した。

今年も多くのスターが入隊を控えている。歌手兼俳優イ・スンギをはじめ、最高のアイドルグループBIGBANGのT.O.Pは1987年生まれで今年の入隊が有力視されている。
012_2l

BIGBANGの場合、昨年12月に香港で開かれた「2015 MAMA」で「当分5人揃ってステージ立つのは難しいと思う。ありがとうございます」と軍入隊を言及した。
JYJのジュンスも昨年先に軍隊へ送ったユチョンとジェジュンに続いて入隊するものと見られる。ジュンスは昨年12月に開かれたミュージカル『ドラキュラ』の懇談会で軍隊に行ったジェジュンについて言及し、「大韓民国の男ならば当然軍隊に行かねばならない」と明らかにした。

SUPER JUNIORの末っ子ラインであるリョウクとキュヒョンも入隊を準備しており、歌手兼俳優として活発に活動中しているソ・イングクも1987年生まれで入隊を目前に控えている。
昨年スクリーンやテレビドラマどちらも活躍して最高の年を送った俳優ユ・アインは、1986年生まれ今年30歳になるため、2016年の入隊を先送りすることはできない。
アイドル歌手および韓流スターが軍入隊を控えているが、ファンは彼らの空白を心配するよりも元気に戻ってくることを願う姿を見せている。

アイドルグループのロールモデルに指折り数えられる長寿グループSHINHWAがメンバーの軍入隊以降も精力的に活動し、俳優ヒョンビン、ユ・スンホ、ソン・ジュンギなどが除隊後より一層活発に活動を広げる中で、これ以上軍隊イコール“忘れられる期間”ではないという雰囲気が形成された。

ファンたちは自身が応援する“お兄さん”が1年9ヶ月間、元気に軍生活を終えて来るのを待って、スターもやはり休暇期間にSNSを通じて便りを伝え、ファンたちとコミュニケーションを取っている。