「所属事務所と相談なしに個人的に告訴したもの」
001l

BIGBANGのメンバーV.Iが数十億ウォン台の詐欺に遭ったとし、同僚の女性歌手を検察に告訴して衝撃を与えている。報道によると、V.Iは2014年6月に同僚女性歌手シン・ウンソンから不動産に投資してみろとの提案を受け、約20億ウォンを投資したが投資して1年が過ぎるまで開発はおろか法人さえ作られなかった。

V.Iは結局先月29日、シンさんを詐欺疑惑で検察に告訴した。V.Iは当時芸能事務所を運営したシンさんと懇意にしており素直にお金を渡し、同年8月には不動産投資法人の出資金が必要だというシンさんの話に5,000万ウォンをさらに渡した。YGエンターテインメント側は「V.Iが所属事務所と相談なしに個人的に告訴したこと」としながら「あまりにも被害金額が大きくて、本人も衝撃を受けただろう」と明らかにした。