「他の誰かになって表現をする演技が面白くて好きだ」
012

SUPER JUNIORのイェソンが俳優へ完璧に変身する事に成功した。
ファッションマガジン「CeCi」は最近JTBC 『錐』で役者デビューしたイェソンのグラビアを公開した。今回のグラビアは「私たちが知らなかったイェソンの本当の顔」というコンセプトで、世界を股に掛けるSUPER JUNIORのボーカルイェソンとドラマ『錐』のフルミ(Fourmis)マート水産パートで勤めるファン・ジュンチョル、この2人の接点を探った。

ドラマではリアリティーを生かすためにメイクはもちろん髪の手入れまで拒んだという彼だったが、今回のグラビア撮影現場だけは精一杯おしゃれした国家代表アイドルイェソンの魅力を思う存分誇った。シックな表情の中にそっと見せる微笑みにメロメロになってしまう彼との撮影の後に進行されたインタビューでは、初めての演技挑戦に関する話と共に彼の赤裸々な話を聞くことができた。

初の演技挑戦に多少暗くて重い作品の『錐』を選んだ理由に対して、「『錐』は現実の話をたくさん描いているので少々直接的だった。あまりにも立派な原作なので多少プレッシャーを感じたりもしたが、良い作品に会って幸せだった。そしてたくさん習うことができる時間だった」と『錐』に対する濃い愛情を見せた。

そして今後やりたいと思うキャラクターは何かという質問に「助演や主演など関係なく、ただ良い役なら充分だ。挑戦したい役はあまりにも多いが、映画『殺人の追憶』の中のパク・ヘイル先輩のような役に挑戦したい。個人的には明るい役よりは暗い役がもっと似合うと思う」と演技への欲を表わした。

自身ではない他の誰かになって表現をする演技が面白くて好きだという彼の言葉のように、今後も様々な作品で会えることを願っている。