弁護士「キム・ヒョンジュンが父親としての責任を全うしなければならないだろう」
011

俳優兼歌手キム・ヒョンジュンの元交際相手チェさんが、息子と共に遺伝子検査を受けるためにソウル大学病院を訪れた。
今月14日、ソウル市鍾路区(チョンノグ)蓮建洞(ヨンゴンドン)ソウル大学病院医大第1研究棟法医学教室では、キム・ヒョンジュンとチェさん、彼の息子に対する実子確認の遺伝子検査が進行された。

チェさんはこの日午後2時15分頃、知人1人と共に息子を抱いて検査を受けるために病院に入った。彼女は取材陣の質問に特別な返事をしないまま検査室へ向かった。
引き続きチェさんの法律代理人ソン・ジョンムン弁護士は取材陣に「今日の検査で真実が明らかになり、キム・ヒョンジュンが父親としての責任を全うしなければならないだろう」と話した。遺伝子検査に関連しては「確率は100パーセントだ」と強調した。

ソウル家庭裁判所のチョン・ヒョンギョン判事は先立ってキム・ヒョンジュンとチェさんに遺伝子検査を受けるよう命令した。
チェさんは今年9月、キム・ヒョンジュンを相手取り、ソウル家庭裁判所に実子確認をして欲しいとしながら訴訟を提起した。キム・ヒョンジュンは5月に入隊した後、現在京畿(キョンギ)坡州(パジュ)30師団で軍服務している。

一方、チェさんは昨年8月にキム・ヒョンジュンを暴行致傷および傷害容疑で告訴した後、キム・ヒョンジュンの謝罪を受けて訴えを取り下げた。その後今年2月、キム・ヒョンジュンの子どもを妊娠したと主張して実子論議が起こった。
引き続きチェさんは4月にキム・ヒョンジュンを相手取り、最初の妊娠の流産で精神的な被害を被ったとし16億ウォンに達する損害賠償請求訴訟を提起し、9月初めに出産した。