季節感を生かした甘いウィンターラブソング
012

感性をまとったEXOは甘かった。くすぐったく愛をささやいてときめきを伝え、甘美に冬を歌った。
公開されたEXOの新曲「Sing For You」は寒い季節によく似合う甘美なバラード。力を抜いて和音で甘く仕上げたEXOは、ロマンティックでドキドキする。愛を告白するEXOの温かいボイスが、寒い冬を暖かく包んだ。

「Sing For You」は“感性EXO”の頂点を極めている。冬のスペシャルアルバムらしく、やわらかくて暖かかった。今までは華やかなパフォーマンスと刃のようにキレのある群舞でEXOのアイデンティティを確かめたとすれば、「Sing For You」は違う意味で魅力的だった。アコースティックギターとよく調和したメンバーの甘美な歌声は感性を刺激し、いつものEXOのようだが一味違う魅力をアピールして新鮮な魅力で耳をくすぐった。気恥ずかしいが、愛らしくて甘かった。

この曲はボーカルの魅力が最大限に浮び上がった曲だった。強いEXOではなく、ソフトなEXOは新しい。アコースティックギターサウンドとメンバーのボーカルは最上の付き合いを完成し遂げた。胸に響くウィンターソングで、EXOの魅力を解きほぐすのに充分だった。

「聞いて」「’笑って」「話すでしょう」など丁寧ながらも滑らかに続く歌詞は感性を引き出す最上の選択。刺激を抜いて季節感を生かして感性を刺激する歌詞が美しく続き、曲をより一層やわらかくて豊かに生かした。

華やかなパフォーマンスで見る面白味と聴く面白味を同時に与えたEXO。感性をまといさらに魅力的に、さらに成熟した姿で戻った彼らが、ウィンターソングで2連続ヒットを達成できるか関心を集めている。