ファンたちの話を聞く時間に
005l

イ・ホンギがファンたちと共に初めてのソロ活動を意味深く終わらせた。先月18日、1stミニアルバム『INSENSIBLE』でソロデビューしたイ・ホンギは、今月6日に清潭洞(チョンダムドン)イルチアートホールで「INSENSIBLEの幕を閉じるファンミーティング」を開催してソロ活動を終了させた。

イ・ホンギは今回のファンミーティングでFM302の“ホンDJ”になって事前に受け付けたファンの話で会場を一杯にした。『INSENSIBLE』の活動中に最も記憶に残っている瞬間、生きながら体験した“INSENSIBLE(=鈍感)”な経験談など、FTISLANDとしてデビューして9年目にして初めてソロデビューしたイ・ホンギに黙々と力を与えたファンたちの話を聞く時間として作られた。

一方イ・ホンギの1stソロアルバム『FM302』はアルバム発売前から映画のような雰囲気のポスターとエモーションティザーで期待を与えた。アルバム発売後には映画『アベンジャーズ』のOST作曲家が参加したタイトル曲とイ・ホンギの自作曲が収録され話題を集めた。