一度ハマると抜け出せない“アジアプリンス”の威力を証明
012

チャン・グンソクがライブで日中韓の3ヶ国を完璧に魅了した。
チャン・グンソクは今年9月、韓国で単独コンサート「JANG KEUN SUK LIVE IN 2015」を皮切りに中国・上海、日本の大阪、東京の合計4公演を行いファンと忘れられない思い出を分かち合った。

“コンサート”“公演”という意味はもちろん、“生きる”という意味も持っている今回の公演「LIVE」は、題名そのままチャン・グンソクの生きざまを感じることが出来て一層格別なものになった。チャン・グンソクはコンサートが進行される約2時間、ずっと熱狂的なステージと感性的なライブ、そして率直なトークでファンと親密なコミュニケーションを成し遂げた。

何より既存のツアーとは違い、韓国での曲を中心に構成されたセットリストだったにも関わらず、客席をいっぱいに埋めた世界各国のファンたちは熱を帯びた反応と声援で現場の雰囲気を熱くした。なかなか聴けない曲を聴けた風変わりなステージと、チャン・グンソク印の赤裸々なトークが交わったステージは1分1秒も目を離すことができなかったという。
特にチャン・グンソクは同じ構成の公演でも、いつも新しい印象を与える彼だけのステージ演出力を如実に表わして注目を浴びた。ベテランの雰囲気を漂わせるチャン・グンソクの表現力は、彼が相変わらず“韓流の中心”でいるしかない理由を正確に立証した。

さらにチャン・グンソクとファンとの結束力がよく表された公演だった。彼は毎回様々な方式のトークでファンに大きな笑いを届けるかと思えば感動まで与えて現場の雰囲気をより一層温かくした。
公演を終えたチャン・グンソクは「ありのままの僕を見せるために企画段階からかなり悩んできた。『THE CRI SHOW TOUR』とは一味違う粋を感じる公演になったようで嬉しい。変わることなく共にいてくれてステージを200%に整えるファンたちの力が最も大きかったと思う」と感想を伝えた。このように自身のライブを全力でファンと共感し分けあったチャン・グンソクは、一度ハマると抜け出せない“アジアプリンス”の威力を証明して今後の歩みをより一層期待させている。
一方今まで奉仕や寄付の便りで社会の手本になってきたチャン・グンソクは、韓国で最初に“分かち合い教授”に任命され、12月10日に漢陽(ハンヤン)大学で「慈善」に関する講演を行う予定だ。