アコースティックバンドと共に編曲して披露
011

歌手は歌手だった。久しぶりにバンドと共にカメラの前に立ったソ・イングクは、甘くも雨が降る夜に似合うしっとりとして感性的な曲を選曲するセンスを発揮した。マイクを手にした彼の姿は限りなく自然だった。今まで積み上げてきた演技経験をそっくり表したような歌唱力と濃厚な感性が引き立って見えた。
ソ・イングクは最近ポータルサイトNAVERのLIVE映像配信アプリ「V」を通じて生中継された「ソ・イングクのミュージック&トーク」で、ファンたちのために歌を歌い様々な質問に答える時間を持った。

この日ソ・イングクは「今日だけは僕によって皆さんの1日が特別だったら嬉しい。僕の音楽や演技に対して気になる事があれば、チャットウィンドウを通じてたくさん質問して欲しい」とファンに愛情を見せた。

ソ・イングクが準備したのは題名そのままに歌とトークだった。彼は「雨のように音楽のように」から始めて、「愛しているU」「笑って泣く」「今日は行かないで」などの歌をアコースティックバンドと共に編曲して聴かせた。変わりない歌唱力と率直なトークが聞く人を楽しませた。

ファンが最も多く心配していた事は、やはり歌手としてのカムバックだった。ソ・イングクは昨年デジタルシングルアルバムをリリースしたり、ドラマ『高校世渡り王』のOSTに参加するなど歌手としての活動も継続してきたが、本格的な活動は行わずファンたちに物足りなさを与えた。

彼はファンたちから殺到する要求に対して「良い歌に会うたびに歌手として悩むことになる。インタビューでした話だが、僕が悩むほど気に入る曲に出会うのは簡単じゃない。皆さんも歌手ソ・イングクの姿を見たいと思うので、さらに悩んで勤勉になる」と内心を表わした。
ソ・イングクの歌に対する反応は熱かった。久しぶりに見せたアコースティックライブにファンたちは歓声を送り、アプリ「V」で使用するハートも溢れた。ソ・イングクも自身が歌う歌1曲、1曲を紹介して愛情を見せた。

ソ・イングクは自作曲「運命」に対して「今まで出演してきた作品は10作品だ。『ラブレイン』という作品に出演したが、ユナさんの役を見てとても悲しくなった。あまりにも悲しくて、ユナさんを見て作った。その時に初めて作詞、作曲した曲が出来た。『運命』という曲だ」と明かした。