コンサートでタイトル曲のステージを初公開
012

歌手IUが1年5ヶ月ぶりにニューアルバムを引っ提げて戻った。IUは自身の4thミニアルバムであり、初のセルフプロデュースアルバム『CHAT-SHIRE』を発売した。タイトル曲「二十三」は韓国のオンライン音源チャート8ヶ所で1位を獲得し、収録曲全曲がチャートの1~7位を総なめにした。タイトル曲「二十三」は音源発売以降熱い人気を維持している。

成功的なカムバックを知らせたIU。ところでなぜテレビ活動をしないのか。
IUは最近ソウル市漢南洞(ハンナムドン)アンダーステージで開かれたショーケース「CHAT-SHIREひとつの二十三」で「今回はテレビ活動がない。本当に多くの理由がある」と明らかにした。

彼女が明らかにした最も大きな理由は健康問題だ。IUは「今年は色々な活動をした。本当に忙しく過ごした。ドラマ『プロデューサー』を撮影した後すぐにバラエティ『無限に挑戦』に参加して、時々アルバム作業も行ってきた」と話した。
引き続き「アルバムを全て作った時『テレビ活動ができる健康状態ではない』と感じた。今年、私に与えられた体力を全て使い切った気持ち」と告白した。さらに「本当に幸せな気持ちにさせてくれたアルバムだ。でも無理にテレビ活動をすれば、明らかに今後悔しい気持ちになるようでテレビ活動はしないことにした」と付け加えた。

また他の理由のひとつに挙げたのは全国ツアーコンサートの準備だ。IUは11月21~22日にソウル市オリンピック公園オリンピックホールでニューアルバム発売記念の単独コンサートを開く。ソウルコンサートを皮切りに釜山(プサン)、大邱(テグ)、光州(クァンジュ)など4都市で公演を広げる予定だ。IUは「熱心に作った歌とダンスを歌番組のステージで披露できなくて残念」ながらも「コンサートでタイトル曲のステージを最初に公開する」と宣言した。
たとえ歌番組の活動計画はなくても余地は残っている。IUは「『ユ・ヒヨルのスケッチブック』の舞台が本当に好きだ。いつでも呼んでくれさえすれば、出演したいと思っている」と言及した。
これと関連してIUの関係者は「今回のアルバム活動は公演などでファンたちと身近に呼吸する事に焦点を合わせた。現在出演予定のテレビスケジュールはない状態」と明らかにした。引き続き「『テレビ活動はしない』と完全に釘を打ち込んだわけではない。今後のスケジュールなどを考慮して番組出演の有無を決めるだろう」と付け加えた。