上半身も下半身も素晴らしい筋力
012

ガールズグループKARAのハラが、少林寺でエースに躍り出た。
SBSバラエティ番組「拳を握って少林寺」では、少林寺に訪れた後、本格的な武術訓練に突入したメンバーの姿が描かれた。

番組でハラは武術修練の聖地・少林寺の武術を習うために南少林寺に向かった。ハラは基礎武術テストで高難度の連続風車蹴りを披露した。ハラは制作スタッフとのインタビューで「実は風車蹴りが一度しか出来ない。僧侶に認めてもらいたくて風車蹴りをした」と話した。
ハラの勝負欲は凄まじかった。ユイが柔軟性をアピールすると、すぐに制作スタッフとのインタビューで「出来ると思う」とユイの個人技をまねて勝負欲を見せた。

指で全身の重さを支える武術を目撃した時は少し怖気づいた。ハラは「私の全体重をこの2本の指にのせるわけじゃないですか。私は10年でもなく20年経っても出来ないんじゃないかと思った」と語った。
ハラは基礎体力テストでエースに登板した。基礎体力テストで腕立て伏せをやすやすと消化して、上体筋力上位ランクに上がった。イム・スヒャンは「そのか細い身体で」と感心した。
下半身の筋力テストはうさぎ跳びで階段を跳ね上がるというものだった。ハラはぴょんぴょんと軽く跳ね上がって上体筋力に続き下半身の筋力もやはり上位ランクに位置づけた。オ・ジョンヨンは「ものすごく軽かった。1日に1時間は運動するらしい」と感心した。

ユク・ジュンワンはそのスピードから“クサインボルト(=ク・ハラ+ウサイン・ボルト)”と呼ばれるハラに挑戦状をたたきつけた。2人は階段をどちらが早く往復するかゲームを行った。メンバー全員ハラの勝利を予想した。
皆の予想通りハラはユク・ジュンワンに楽勝して少林寺のエースになった。ユク・ジュンワンは罰ゲームでハラを背中に乗せたまま腕立て伏せをしなければならなかった。ハラはユク・ジュンワンのお願いを聞いて回数を10回から5回に減らして気立ての良さも誇った。

この日ハラは持って生まれた運動神経と貪欲な根性で素晴らしい活躍を見せた。ハラがこれを基に今後少林寺の訓練を無事に終えられるか成り行きが注目される。