「全ての恩恵はファンたちに戻るようにした」
012

韓流トップスターキム・スヒョンの単独ファンミーティングのギャラはいくらだろうか。トップスターの名声に相応しくファンミーティングのギャラもまた最高だろうか。結論から言えば、韓国B級歌手のイベント料にも至らないギャラを貰っている。

キム・スヒョンは中国で大人気のスターだ。ネームバリューに見合った最高待遇を受けている。中国・江蘇衛星テレビの人気バラエティー番組「最強大脳」に出演して約5,250万円のギャラを持っていった。広告撮影やイベント出演料も同じように高い。韓国スターのなかでも最高待遇だ。

しかしテレビ局が支払う出演料とファンミーティングのギャラは違う。自身の名を掲げてファンたちに会う場なのでギャラを最大限安くする。キム・スヒョンが中国ファンミーティングのギャラで受け取るお金は、わずか4万ドル(約480万円、スタッフ進行費含む)程度だ。
韓国のトップ歌手が韓国での単発イベントで受け取る金額の半分しかならない価格だ。A歌手が中国で開いたファンミーティングのギャラと比較しても半額ほどだ。中国ですでにトップスターであるキム・スヒョンがかえって自身の出演金を削りながらファンミーティングに参加する理由は何か。
中国のある公演関係者は「キム・スヒョンはファンミーティングの性格をよく理解している。自身がギャラを多くとればチケット価格が高くなり大規模イベントになるなど、不利益がファンたちにいくことを知っていて、最小限のギャラだけ受け取る」と紹介した。
韓国で会った公演プロモーターも「キム・スヒョンがファンミーティングのギャラで4万ドル以上は持っていかない。20万ドル以上を支払うという業者もいるのに、その提案を全て断ったそうだ」と伝えた。

キム・スヒョンが20万ドル以上の提案を断った理由は何か。ある関係者は「キム・スヒョンは自身がギャラをたくさん持っていくと公演の質が低くなることをよく知っている。そのためあえて高い値段を支払うという業者と契約せず、適正水準の金額を提示した業者とファンミーティングを進行した」と明らかにした。
キム・スヒョン曰くファンミーティングは小規模で行い、ファンたちと最大限密着せねばならないという持論もあった。彼は「最大2,500席以上の公演はしないことにし、全ての恩恵はファンたちに戻るようにした」と紹介した。