なぜ“ワールドアイドル”と呼ばれるのかを見せるコンサートスケジュール
012

人気グループBIGBANGが10月のワールドツアーでさらに拍車を加える。
BIGBANGは先月24日から27日まで4日毎日1公演ずつ台湾・台北アリーナで単独コンサートを開き、ワールドツアー「MADE」の再開を知らせた。

先立ってBIGBANGは5月から8月まで4ヶ月連続でニューアルバム『MADE』シリーズのシングルをリリースし、中国11都市およびインドネシア、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピンなど海外様々な場所でワールドツアーも進行した。忙しく駆け抜けたBIGBANGは先月初旬から約20日間、甘い休息を持った後、台湾公演を通じてワールドツアーに再び突入した。

台湾コンサートも成功させたBIGBANGは、10月にはアジアを抜け出してワールドツアーを行う。
BIGBANGは10月2日にアメリカ・ラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンター、3日にLAステイプルズ・センター、4日にカリフォルニア・アナハイムのホンダセンターで「MADE」ワールドツアーコンサートを継続する。10月7日にはアシウダッド・デ・メキシコにてメキシコ公演を開いた後、10日と11日には再びアメリカ・ニューヨークのプルデンシャルセンターで単独コンサートを開催する。
BIGBANGは10月13日にはカナダ・トロントにあるエア・カナダ・センターで公演を広げた後、17日と18日にオーストラリア・シドニーのオリンピック公園オールフォーンズ・アリーナおよび21日にメルボルンのオーストラリア・ロッド・レーバー・アリーナでもコンサートを開催する。
BIGBANGがなぜ“ワールドアイドル”と呼ばれるのかを見せるコンサートスケジュールと言える。