「私たちもこんな数字を出せるんだ」
011

ユン・ウネが中国のバラエティ番組「女神のファッション」で優勝した。前回放送された第7回で1位を占め、8月29日に放送された第4回のミッション以降2回目の優勝だ。
彼女は今週のミッション優勝者で自身の名前が呼ばれるとびっくりした表情になった。湧き上がる喜びを抑えきれない様子で、中国では相変らず幸せそうな姿を見せた。指でピースサインを作ってこの日の優勝を記念した。団体写真の中でも満面の笑みを失わなかった。

ユン・ウネは今回のミッションでツイード素材のチェック柄の衣装を披露した。インナーには前腕が開いたブラウスを合わせた。携帯電話のケースも同じ柄でオーダーメイドした。ユン・ウネは異素材の生地を利用した衣装で35,211,111中国元という高い競売価格をつけた。現場の点数で競売価格最高額を貰ったリウ・イン(41,211,111中国元)に続き2位だった。

現地の評価はそれこそ“大ヒット”だった。落札金額は3,511万1,111中国元。日本円に換算すると約6億6,116万円に達した。ユン・ウネは競売が2位だったにも関わらず最終優勝を果たした。これに対しユン・ウネは「私たちの数字(競売価格)も初めて見る数字だった。私たちもこんな数字を出せるんだ(と思った)」として「一方ではリウ・インにとても申し訳ない。最高額を記録して、『女神のファッション』では出せない数字を記録したのにいつも2位なので、その気持ちはどうかと考えると申し訳ない。今は『女神のファッション』のことが少し分かる気がする」と優勝の感想を伝えた。
「女神のファッション」はスター5人とファッションデザイナー5人がチームを組んでミッションに挑戦する。毎回、優勝衣装は最高額で落札、中国で販売される。

一方ユン・ウネは8月29日放送の「女神のファッション」の優勝作で盗作疑惑が浮上した。そで部分の作りがユン・チュンホデザイナーの衣装と似ているという指摘を受けた。ユン・ウネは「盗作する理由がない。ノイズマーケティングだ」と一蹴した。これに対しユン・チュンホが再度盗作に対する立場を明らかにし、ユン・ウネはその後沈黙を貫いている。