おいしいところは全てユン・ドゥジュンが持っていく
011

BEASTのユン・ドゥジュンの活躍が光った「ア陸大」だった。カメラのワンショットも逃さなかった。歌、運動、バラエティセンス全て備えた。“彼氏にしたいアイドル”代表として威厳を誇った。
今月28日午後、MBC「2015アイドルスター陸上・シルム・バスケットボール・フットサル・アーチェリー選手権大会」(以下「ア陸大」)が放送された。「ア陸大」はアイドル歌手がスポーツ種目に挑戦、汗を流して正々堂々と勝負する番組だ。

今年で11回目をむかえる「ア陸大」は歴代最多の参加者数を自慢した。陸上、アーチェリーなど迫力溢れる競技と共に、好評だったバスケットボール、フットサル、そして今回新設されたシルム(韓国相撲)まで5種類の種目が進行された。

数多くのアイドルが集まった中で目を引く人物がいた。その主人公はユン・ドゥジュン。フットサル競技の見どころを作り、「ユン・ドゥジュンチームが雪辱を晴らすことに成功するのか」という興味も引き出した。このためカメラはユン・ドゥジュンへ向かい、彼はセンスを発揮して苦しむ表情を見せた。

引き続きフットサルに出場した彼は、バラエティセンスはもちろん卓越した運動神経を誇った。3競技で2ゴールを記録した。競技中にもおいしいところは全て持って行ってカメラを独占した。華やかなバックパスの技術で見る人々を驚かせ、見事なサッカーの実力を誇った。
ユン・ドゥジュンが主将のゴールデスリーガーは優秀な実力で優勝まで勝ち取った。運動場でもユン・ドゥジュンの活躍は続いた。明るい笑顔でカメラを見つめ、ファンたちの歓声を引き出した。