妻の前では男らしいカリスマは脱いで純情なロマンチストに
012

女優ソン・テヨンがイメージとは違う姿を見せて好評を得ている。夫クォン・サンウを力づけるために“どっきり企画”を広げた。全く予想できなかったクォン・サンウはびっくりするしかなく、あわてて妻を抱きしめてラブラブな発言をするなどソン・テヨンの心をつかもうと努力して爆笑を誘った。8年目の夫婦であるクォン・サンウとソン・テヨンのドタバタする姿は「ランニングマン」のレースと同じくらい愉快な面白味を与えた。

SBS「ランニングマン」は「伝説の探偵」編でクォン・サンウ、ソン・ドンイルが出演し、依頼人Xを探すミッションを遂行した。しかし地上3階、面積750坪300人余りの容疑者の中でたった1人を探すのは簡単な事ではなかった。最終的にはイ・グァンスが選択した容疑者こそ彼らが探した依頼人Xであり、ユ・ジェソクチームは勝利の喜びを味わった。この時メンバーの前で帽子とマスクを取った依頼人Xは他でもないソン・テヨンだった。

全く予想できなかった妻の登場にクォン・サンウはビックリ驚いて「え?何だ?」と叫んだ。このようなクォン・サンウに「ランニングマン」メンバーは「どうして分からなかったんだ」と次々と指摘し始めた。

これに対しクォン・サンウは「肌が本当にキレイだね。だから会いたかったよ」と繰り返し妻の容姿を褒めて必死に状況を収拾しようと努力した。これこそクォン・サンウが妻に愛される秘訣だ。その一方でクォン・サンウは正体がばれるかと思って、ソン・テヨンがとっさに他の男とカップルのフリをしたと言うと、すぐに「僕は他の男と一緒にいないでくれって言っただろう?」と嫉妬して笑いに包まれた。

また、クォン・サンウは自身のために内緒で大田(テジョン)まで来てサプライズ出演したソン・テヨンを抱きしめてひと回り回り、感謝の気持ちを表現した。しかし再び「『ランニングマン』に感謝を申し上げる。最後に立った時、うちの妻にもう一度ときめいた」というとんでもないコメントを残してソン・テヨンに怒られた。
結婚8年目の夫婦になったが、相変らず新婚夫婦のように熱い雰囲気が充満するクォン・サンウ、ソン・テヨンの姿は、短い時間だったが視聴者たちに大きな面白みを届けた。そして妻の前でだけは男らしいカリスマは脱いで、いつの間にか純情なロマンチストになるクォン・サンウの風変わりな魅力が、今回の「ランニングマン」をより一層特別なものにさせた。