「余韻が長く残ると思う。俳優陣、スタッフ、ファンに感謝」
011

東方神起のメンバー兼俳優のチャンミンがMBC水木ドラマ『夜を歩く士』の放送終了の感想を伝えた。チャンミンは所属事務所を通じて「初めて時代劇に挑戦したので序盤はとても緊張したが、いつの間にか放送が終了してほっとする一方、名残惜しい。熱心に撮影に臨んだが、キャラクター自体が魅力的なので多くの方々が愛して下さったのだろう。余韻が長く残ると思う」と放送終了の感想を明らかにした。

引き続き「イ・スンジェ先生をはじめ、共に出演した全俳優の方々、『夜を歩く士』の全スタッフの方々に感謝を申し上げ、多くの声援を送って下さった視聴者の方々にも心より感謝を申し上げる」と挨拶を終えた。