“アジアのプリンス”の底力を発揮
011

“アジアのプリンス”チャン・グンソクのホーム公演はやはり違った。
今月5日、ソウル市奨忠(チャンチュン)体育館で開かれた「JANG KEUN SUK LIVE IN SEOUL 2015」を大成功させて名実共に“アジアのプリンス”チャン・グンソクの底力を立証した。
今回の公演はチャン・グンソクが約3年ぶりに韓国で開く単独コンサートだっただけに、国内外のファンたちの熱い関心を集めた。これに対しこの日の観覧席は韓国をはじめ日本、中国、ブラジル、スイスなど世界各国のファンたちで埋め尽くされ、冷めない彼のグローバルな人気を再び実感させた。

生き生きしたバンドライブで火ぶたを切ったチャン・グンソクは、なかなかステージで聴くのが難しかった韓国での曲を中心にセットリストを構成して熱い歓声を受けた。オープニングステージを終えたチャン・グンソクは「久しぶりの韓国公演で、韓国語でコメントをすること自体とても嬉しくて気楽だ」と感想を明らかにして会場をさらに熱くした。

何より今年進行されたツアー「THE CRISHOW III」の熱気をそのまま運んできたようなステージはもちろん、この日の公演だけのために企画されたステージの調和は毎回新しさを追求するチャン・グンソクの格別な企画力が引き立って見えたという評価を得た。特に3年間共にしているバンドマスターチャン・ジウォンのピアノ伴奏で歌った「聞こえますか」「どうしよう」は、ひたすらチャン・グンソクの声に観客を集中させて感性を揺さぶった。そしてこの2曲は観客と共に歌ってひとつになる姿で、チャン・グンソクとファンの丈夫な結束力も垣間見ることができた。

チャン・グンソクは「『THE CRISHOW』はアーティストとして成長した自分自身と内面を透明に反映した公演だった。その感じを今日のステージでも継続したい」と伝えて約2時間ファンたちを魅了する力を発揮、次元が違うステージ掌握力を披露した。長い間の公演経験を通じて鍛えられた実力はもちろん、チャン・グンソクだけが持つアーティストの姿とエネルギーが引き立って見えた。
さらにこの日は8月4日に誕生日を迎えたチャン・グンソクのサプライズ誕生日パーティーが開かれて彼を驚かせた。何よりファンたちが送ったプレゼントは捨てられたペット、聴覚障害者、胆道閉鎖症を患う子供、児童福祉施設にチャン・グンソクの名前で寄付した寄付証書と感謝牌であふれ、皆の心を温かくしたという。

このようにチャン・グンソクは公演のサブタイトルである“LIVE”に合うように、今日を生きていく自身の現在を率直に表わし、ファンたちと再び密度の濃いコミュニケーションを成し遂げた。一度見れば夢中になるしかない彼の魅力を感じるのに充分な公演だった。これは彼の歩みにより一層注目すべき理由になっている。