「努力した結果を彼女たちはいとも容易く、こんなにも図々しく」
011

女優ユン・ウネがデザイン盗作論議に包まれた。韓国の女性衣類製品を盗用したという疑惑だ。
ユン・ウネは現在、中国のデザインサバイバルプログラム「女神のファッション」で挑戦者として活躍中だ。先月29日放送のミッションでは1位に選ばれた。

ユン・ウネは該当ミッションで映画『ナルニア国物語』をテーマにした衣装を披露した。白いコートを作って腕の部分に翼形のディテールを付けてポイントを与えた。
ユン・ウネの衣装は審査委員の好評を受けた。だが、同時にコピー疑惑が浮上した。ARCHEのデザイナーユン・チュンホが盗作疑惑を提起したのだ。

ユン・チュンホ氏は「中国の番組に私たちの服が出てきたと連絡を受けた。協賛なのかと思ったが、他の女性が作った服だった」と呆れた。
自身のSNSにふたつの衣装を比較する写真も上げた。同氏は「少し違うと言えるかも知れない。しかし不快だ」と不愉快な感情を隠すことができなかった。
同氏は引き続き「私が感じて職員が感じる。服を作っている方々、我が社の服を知っている人が感じれば間違っていないのではないか。FWのワンシーズンのために努力した結果を彼女たちはいとも容易く、こんなにも図々しく。ただ力が抜ける」として盗作を非難した。

しかし現在ユン・ウネ側は衣装デザイン盗作論議に関連して、公式的な立場を一切明らかにしていない。発表が遅れるほど疑惑は増すしかない。やましい事が無ければ一刻も早く疑惑を晴らすのが賢明な状況で、ユン・ウネどんな立場を明らかにするのか注目される。