ベッドに寝転び、本物の彼氏のように「何してるの?」
012

BIGBANGのG-DRAGONが、ファンたちのために1日彼氏を自任した。ベッドの上のテレビ通話からサプライズの電話まで、ファンたちを喜ばせた。
今月2日午後、NAVERのLIVE映像配信アプリ「V」では、BIGBANGのG-DRAGONの個人放送「1+1はジヨン-僕ら何もしないことにしよう」が生中継された。G-DRAGONは「今日ワールドツアーを終えて帰国した。疲れた。僕はただ寝るだろう」と予告した。

引き続きG-DRAGONはベッドで横になった。G-DRAGONは「僕は彼女がいない。皆さんは彼氏がいるか分からないけど、フェイスタイム(映像通話)のようにしよう」と提案した。
G-DRAGONはベッドで横になってファンたちに「何してる?」と尋ねて彼氏のような魅力を見せた。引き続きG-DRAGONは「実は気楽にしたくても、ここの雰囲気じゃそうできない。スタッフが見守ってるから。僕は彼女の前ではかなり愛嬌があるんだよ」と話して物足りなさを表わした。

G-DRAGONは「すごく人見知りなんだ」と話したように放送中も恥ずかしそうな姿を見せた。しかしファンのために親しい語り口で対話を継続するよう様々な努力を試みた。
引き続きG-DRAGONは「電話番号を教えて。やることもないから通話でもしようよ」と提案した。G-DRAGONはファンにサプライズ通話を試みて格別な思い出を与えた。
G-DRAGONは放送のコンセプト「何もしないことにしよう」とは違い、ファンたちのために色々な放送にチャレンジした。特にファンの1日彼氏になったG-DRAGONは、深夜のファンの気持ちをときめかせるのに充分だった。