「今日この瞬間を忘れずに、来年も共にできるよう努力する」
011

大陸のファンたちをひきつけた“韓流女神”パク・シネの中国・深セン単独ファンミーティングの現場が公開された。

「2015 Dream of Angel」のタイトルで、3年連続アジアツアーを開催中のパク・シネの深セン訪問は、去年に続き2度目。彼女は先月29日夜8時から、去年公演したPoly Theatreで深センのファンたちと再会、楽しく幸せな時間を過ごした。
パク・シネを見るために集まった深センのファンたちはシネ女神の手ぶり一つひとつ、一言一言に熱を帯びた歓声を送り、パク・シネは最近行ってきたバックパック旅行のエピソードと広告および「三食ごはん」の撮影などの近況をファンに伝えた。

特に第1部で肩を表わした女性らしいワンピースで登場したパク・シネは、第2部では髪を縛って多少マニッシュな衣装でシックな姿に変身し、2種類のそれぞれ違った魅力でファンの心を溶かした。

パク・シネが出演した『ピノキオ』の名シーンを振り返るコーナーでは、映像が出てくるやいなやそのシーンを思い出した中国ファンの叫び声が多く上がり、劇中チェ・イナの台詞を韓国語で叫ぶファンの声がパク・シネの人気を推察させた。特別な事情を抱えたファンにパク・シネお手製のケーキをプレゼントするコーナーでは、結婚を控えたカップルのファンがステージに上がって注目を浴びた。

このカップルの他にも、公演会場には老若男女幅広い年齢層のファンが星形のペンライトを持ち、客席はピンク色の星でいっぱいだった。“チェ・イナ追憶”などファンと共に交感する時間に続き、特別なペンライトを持ったファンと共に客席での撮影を終えたパク・シネは「今日、輝く星が私の夢の中に出てきそう。写真を撮ってみて皆さんの顔が星のように輝いた。いつも一緒にいてくれてありがとう。今日この瞬間を忘れずに来年も共にできるように努力する」と感動した気持ちを伝えた。

最後の曲「My Dear」を歌う時には、愛嬌あふれるパク・シネの愛らしいファンサービスが繰り広げられてファンを熱狂させた。ファンミーティングが終わった夜、パク・シネは中華圏SNSウェイボーを通じて、ファンが振ったペンライトを手に持った写真と共に「今日は深センでのファンミーティング。楽しくて幸せでした。最初から最後まで輝いた皆さんのおかげで今日はとても明るく、幸せな夢を見そうです(^^)皆さん、おやすみなさい」と感謝の言葉も伝えた。パク・シネは中国・成都での最後のファンミーティングを残している。