「皆さんの拍手と歓声があったからこそ可能だった」

011

JYJメンバーでありミュージカル俳優として活発に活動しているキム・ジュンスが、ミュージカル『デスノート』の公演を成功的に終えて最後の公演の感想を伝えた。

ミュージカル『デスノート』は開幕前キム・ジュンスのワンキャスト挑戦および再び新しいキャラクターの誕生を予告して期待を集めた。公演前に公開された映像と写真だけでも天才名探偵エルと完璧なキャラクターシンクロ率で話題を集めたことがある。

キム・ジュンスは毎回客席をいっぱいに埋めた観客の高い期待に報いるようにエルに完璧変身、爆発的な歌唱力と優れた演技の完璧なバランスで観客および評論家から好評を得た。

特に卓越したキャラクター解釈を基に身振りひとつまでディテールにこだわった表現力で、原作を跳び越える新しいキャラクターの誕生を知らせた。

初演作にも関わらず新しいキャラクターで舞台を掌握したキム・ジュンスの演技に地方の者はもちろん、海外からも城南(ソンナム)アートセンターを訪れるファンの足が絶えなかった。MERSの余波にも負けず毎回完売を記録して、全公演完売というミュージカル界の新しい記録を作り出した。

キム・ジュンスはファンの期待に応えるかのように57公演を完全に終えて、独歩的なキャラクター誕生はもちろんワンキャスト挑戦もまた成功させた。

最後の公演まで成功させたキム・ジュンスは、Twitterを通じて「57回『デスノート』ワンキャスト公演!皆さんの拍手と歓声があったからこそ可能でした。心より感謝申し上げます」という感想と共に客席の写真を掲載して感謝の気持ちを伝えた。さらに共演俳優にも感謝のメッセージを伝えて、作品に対する格別な愛情を伝えた。

一方ミュージカル『デスノート』を成功させたキム・ジュンスは、JYJメンバーシップウィークを通じてファンたちと会う予定だ。