今回の活動でどんな成績を出せるか期待
011

アイドルグループB1A4がゲリラライブと共にカムバックの信号弾を撃った。江南(カンナム)駅Mステージをいっぱいに満たしたファンたちの叫び声は、彼らが試みたゲリラライブが成功したことを意味した。同時生中継されたスターライブチャンネルVアプリを通じて、全世界のファンたちが彼らを見て歓声を上げた。

B1A4は今月6日午後、ソウル市江南(カンナム)駅Mステージで開かれたゲリラライブ現場をいっぱいに埋めたファンの姿を見て驚きを隠せなかった。メンバーのシヌゥは序盤から涙を見せて感動するほどだった。サンドゥルも公演最後に涙を流して、今回の公演がB1A4にどんな意味を持つのか懸命に見せた。シヌゥは対面した直後しばらく話す事が出来なかったが「久しぶりにカムバックするからとても心配したが、たくさん来て下さった。とても心配したが、たくさん来て下さって感謝する」と感想を明らかにした。

公演の終始、毅然とした姿を見せたサンドゥルは最後の挨拶で「とても大きい話だが、皆さんの記憶の中からB1A4というグループがいなくなってしまったのではと僕も気づかないうちに心配していた。本当に申し訳ない。素直に恐ろしかった。皆さんの前に立つことも恐ろしかったし、正直に申し上げて、今後いつもいつまでも一緒にいれたら嬉しい。ありがとう」と率直な感想を明らかにして注目を浴びた。

この日B1A4は約2時間の江南(カンナム)駅一帯を回って、ゲリラコンサートの便りを知らせた。このような過程はVアプリを通じて公開された。広報過程でジニョンは「観客席が2,000席だが、満員になったらアンコール公演をする。たくさん来てほしい。とても緊張する」と語った。ジニョンが心配した2,000席はファンでぎゅっと満たされた。メンバーはそのおかげで新曲「Sweat girl」「You are a Girl,I’m a Boy」だけでなくさまざまなアンコール曲をリリースできた。ヒット曲「Lonely」「Solo Day」「おやすみgood night」に続き、アイドルグループとしての悩みと愛情が込められた新曲「十年後」(原題)までB1A4の安らかながらも爽やかな歌が江南駅一帯を満たした。

今までB1A4メンバーはしばらくグループ活動を中断してソロ活動に集中した。サンドゥルはMBC「覆面歌王」に出演し、格別な歌唱力で注目を浴びた。シヌゥはミュージカル『チェス』に出演して新しい才能を発掘した。バロにはMBC「本物の男」とtvN「お家ご飯ペク先生」などに出演して“万能バラエティアイドル”としての地位を固めた。作曲に素質があるジニョンはMBC『メンドロントトッ』に出演して役者に挑戦した。ゴンチャンは「A Song For You」のMCで進行能力を育てた。空白期はおそらくメンバーにB1A4というグループの大切さを考えさせる時間だっただろう。ソロ活動をする間、メンバーの個人的な認知度や出演料は上がったかもしれない。しかし久しぶりに披露するステージでファンたちを見て涙を見せたメンバーの姿は、彼らにステージがどれほど恋しくて貴重なものだったかを見せた。それだけでなくステージの上でお互いをフォローし合う姿からは、友情がにじみ出て彼らのステージの“ケミストリー”を期待した。

B1A4は今回の公演を通じて、カムバックに対する大きな心配なく活動に拍車を加えることができるようになった。カムバックを控えて数多くのファンの応援を受けた彼らが、果たして今回の活動でどんな成績を出せるか注目される。