「活動したステージのなかで歴代級に大変だった」
012

アイドルグループTEENTOPがコンサートに対する期待感を起こして、アルバム活動を気持ち良く終えた。TEENTOPは今月19日のSBS「人気歌謡」を最後に『NATURAL BORN TEENTOP』の活動を終えた。タイトル曲「ah-ah(朝から朝まで)」と収録曲「HOT LIKE RIRE」「5 Seasons」など様々なTEENTOP本来の姿を見ることができた活動だった。TEENTOPは「早く終わって残念だが、新しい姿をお見せできて良かった。コンサートを通じて収録曲もたくさんお見せするから期待して欲しい。より良い姿で訪ねて行く」と活動終了の感想を伝えた。
TEENTOPはアルバム最後の活動に収録曲「HOT LIKE RIRE」のスペシャルステージを選んで多才な姿を誇った。CHUNJI(チョンジ)は「ファンと楽しむステージをしたくて、(この曲を)しようといった。元々準備ができている曲なので早く準備できた」と収録曲の活動背景を明らかにした。ファンたちに対する愛情を表わしたTEENTOPは今月18日、MBC 「SHOW!音楽中心」でファンのためにミニファンミーティングを開いて特別な時間を過ごすこともした。

TEENTOPはタイトル曲「ah-ah」でアルバムタイトル『NATURAL BORN TEENTOP』に似合うようにTEENTOPの専売特許である刃群舞をリリースした。「ハンパじゃない (Rocking)」を通じて愛されたフリーステップと「Missing」でリリースした感性的な魅力を合わせてTEENTOPの長所を最大化した「ah-ah」を誇った。リフレインに現れた2倍速フリーステップは話題を呼び集めた。さらに激しくなった振りつけの中でTEENTOPは今回の活動目標である“倒れない”が成功したと明るく笑ってみせた。
CHANGJO(チャンジョ)は「活動したステージのなかで歴代級に大変だった。他の人が見ると速くないし難しそうに見えないという話がある。直接してみれば感じることができる。特に朝起きてリハーサルする時はもっと速く感じた。本当に大変だった」と可愛らしく苦労を吐露して笑いを誘った。これに対し他のメンバーが今回の活動で習った点に対して「ステップはしないと思います」「ステップは素晴らしいが、もっと素晴らしいダンスをしたい」とフリーステップを断った。

TEENTOPは活動を終えた後、休息期は取らずすぐにコンサートの準備に突入する。TEENTOPは8月1~2日にソウル市オリンピック公園オリンピックホールで単独コンサートを開催する。その後日本ツアーとインド、中国にも公演計画がある。NIEL(ニエル)は「9ヶ月間TEENTOPの完全体を待って下さって感謝する。コンサートと共に多くの活動をするのでたくさん期待して欲しい」と期待を頼んだ。