「アルバムをほぼプロデュースする感覚でたくさん準備した」
011

ガールズグループKARAを脱いだハラは相変らず女神だった。愛らしくてデビュー8年目の歌手らしく、余裕がありながらもプロらしい姿も引き立って見えた。ソロデビューを記念した席だったため、ハラに対してより多くの事が分かる時間だった。
ハラは今月14日午後9時からポータルサイトNAVERのSTARCAST ON AIR「ALOHARAトークコンサート」を進行した。この日ハラはソロデビューの感想から準備過程などを詳しく説明して、ファンサービスを行った。

まずハラは「ガールズグループ大戦でソロデビューするのは大きなプレッシャーだったが、実は時期が決まっていた。数ヶ月前から準備して、今回ソロとして出てくることになった」と話し始めた。長い間準備しただけに、ハラは1stソロアルバム『ALOHARA』に格別の愛情を持っていた。ハラはソロアルバムに対して「爽やかだけど気だるくて、雰囲気の良いアルバムを作りたかった。余裕があるアルバムを作りたかった。清純、キューティーだ。気楽に聴くととても良い」と明らかにした。

そしてハラはタイトル曲「チョコチップクッキー」に対して「幻想的でセクシーに聴こえる」というネチズンの反応に「全体的な流れは落ち着いている。この歌を初めて聴いてどうやって表現すべきかと思ったが、幻想的、そしてセクシーに清純に表現しようとした。そのように聴いてくれたとすればありがたい」と説明した。

ハラはこの日、ソロデビュー曲「チョコチップクッキー」と似合うオススメの飲み物も直接作った。ハラは直接グレープフルーツを絞ってエイドを作り、彼女を応援するために現場を訪れたメンバーヨンジとMCチョン・サンフンにプレゼントした。さらに『ALOHARA』の準備過程に対しても詳細に公開した。特にひとりでアルバムを準備して大変だった話を打ち明けて注目を浴びた。

ハラはソロデビューアルバムに対して「成績が悪くても構わないが、私の良い姿が少しでも綺麗に映って欲しい。自己満足で作ったアルバムでもあり、ただファンが『ハラはこんなアルバムを出せるんだな』と思えるようにという軽い気持ちで発表した。『ヒットさせなければ』という気持ちでカムバックしたわけではないので、“ハラ”がこんな感じも表現できるんだという気持ちで見ていただければと思う。欲張らずに準備したアルバムだ」と率直に説明した。

さらにハラはソロアルバム『ALOHARA』の準備過程に対して「ひとりで準備するのは大変だった。スタッフと会社の人たちもたくさん助けてくれたが、実はアルバムをほぼプロデュースする感覚でたくさん準備した。少し混乱していた。タイトルをこれにすべきなのか、もっと良い曲を貰いたかった。曲が無くて途中で一回中断したことがある。その後、イベント性で再び準備することになった」と打ち明けた。引き続きハラは「私の意見がたくさん反映されてみると、準備する過程で少し大変だった。今は大変だった記憶しかない。 少し過ぎれば楽しい記憶に変わると思う」と語った。
タイトル曲「チョコチップクッキー」はmiss A、MAMAMOO、BTOBなどと作業してスタイリッシュな音楽を披露したパク・ウサン作曲家の曲だ。甘い歌詞と純粋なようでセクシーなハラの声が曲と見事に調和した。