「早く時が過ぎてJYJとしても日本で活動したい。一生懸命頑張りたい」
012

パク・ユチョンが名古屋ファンミーティングを成功させた。
パク・ユチョンは今月11日と12日、日本ガイシホールで単独ファンミーティング「2015 PARK YUCHUN FAN MEETING JAPAN TOUR ALL ABOUT YU」(以下「ALL ABOUT YU」)を開催した。今までステージやテレビ、映画を通じての成果はもちろんプライベートな姿まで、文字どおりパク・ユチョンの全てを見せた。

約1万8,000席をいっぱいに埋めたファンたちは、暗転するやいなや「ユチョン」と連呼した。パク・ユチョンが自作曲「彼女と春を歩く」を歌って登場すると、全員立ち上がってペンライトを振る光景が広がった。これに対してパク・ユチョンは微笑みで応えながらあちこちのファンと目を合わせて喜びを伝えると、すぐ日本ガイシホールは歓声で包まれた。

ビーチサイドをそのまま移動して来たかのようなステージに座ったパク・ユチョンは、日本国内の韓流ドラマブームを主導した6作品を振り返る時間を持った。また、他では見られないプライベート写真を公開しながらそれにまつわるストーリーを明かし、パク・ユチョンの全てを知りたいファンの心を満たした。
続く「ユチョンのキッチン」コーナーでは、上手くはないが真心を込めて一生懸命に料理をする姿で、日本人ファンにその魅力を精一杯伝えた。そしてファンと共に飛ぶ縄跳びゲームなどを通じて、共に笑いながら会場を訪れたファンに忘れられない思い出を届けた。
準備されたイベントが全て終わり、アンコール曲のみを残したパク・ユチョンは「久しぶりに名古屋を訪れて、皆さんのおかげで本当に楽しかった」と最後のコメントを始めた。引き続き「もうすぐしばらく会えなくなるが、会いたくなったらどうしようかと寂しい気分にもなる。早く時が過ぎてJYJとしても日本で活動したい。一生懸命頑張りたい」と今後の願いも伝えた。

最後の曲「見つけた」が始まると、すぐにファンは立ち上がって韓国語で合唱して壮観を作り上げた。これに感激したパク・ユチョンは移動カーに乗って会場を回り、ファンにサインボールをプレゼントした。終了後、ファンの足取りから寂しさがにじみ出ていたが、パク・ユチョンだけの格別なファンサービスに1万8,000人の幸せな顔は名古屋を温かくした。

一方、パク・ユチョンは今月22日と23日に横浜アリーナで単独ファンミーティング「ALL ABOUT YU」を継続する。