「会社の法務チームと相談する予定」
011

アイドルグループJYJのメンバーキム・ジュンス(28)が、度が過ぎた悪質な書き込みをする者に法的対応を行うつもりだと表わした。
キム・ジュンスは今月5日、自身のTwitterを通じて「どういうわけか一昨日と昨日、僕のメールや会社、ホテルの法務チームにまで、悪質な書き込みをする者への法的対応を希望する依頼が多くきた」と文を始めた。

彼は「10年前から経験してきたことだから実はかなり鈍感になってしまったのが事実。僕はポジティブで強い方なので、悪質な書き込みに簡単に揺れる方ではなく、もっと熱心に頑張れば気持ちが伝わるだろうという気持ちで見逃してきましたが」としながらも「色々な資料で状況を把握してみると、ちょっと度が過ぎているなという気がした。何より僕と一緒に道を歩んで下さる方が辛く疲れてしまうということが胸が痛くて、僕が大丈夫だからとこれ以上見逃しては良くないと思い始めた」と伝えた。

さらに法的対応をするつもりがあるということと、所属事務所などを通して該当資料がある場合は送って欲しいと要請した。キム・ジュンスは「もちろん発展を企てた批評や苦言、叱咤とただの批評のための批評は十分に僕も区別できるので、そのような心配はご無用です。会社の法務チームと共に、この件について初めてしっかり話し合うつもりです。もしファンの方々に資料があれば、C-JeSカルチャーに送ってください。その方たちの顔を直接見ながら話し合ってみたいです」と明らかにした。

引き続き「僕が何をそんなに間違って嫌わせてしまったのか。至らない僕のせいで皆さんにも色々な面で申し訳ありません。明日また僕たちは笑顔で城南(ソンナム)アートセンターで会いましょう。皆さん頑張りましょう。そして常に自身のことのように気を使ってくださりとても感謝しています!本当に」と自身のファンたちに向かって感謝と申し訳ない気持ちを表わした。
一方キム・ジュンスはミュージカル『デスノート』でエル役を担うなど、活発な活動を広げている。