特製かき氷を作って食べさせるなど、特級ファンサービスを披露
011

パク・ユチョンがホワイトのスーツで大阪を熱い雰囲気にした。
パク・ユチョンの所属事務所は「パク・ユチョンが先月30日に大阪城ホールで開かれた2015 Park Yuchun Fanmeeting Japan Tour『ALL ABOUT YU』のファンミーティングツアーの初公演で、ホワイトのスーツを着て登場し女心を鷲掴みにした。1万人の日本人ファンと共にした今回のファンミーティングでパク・ユチョンは、ファンのための世界でただひとつの特製かき氷を作って食べさせるなど、特級ファンサービスを披露して楽しいひと時を過ごした」と伝えた。

この日の公演で大きな話題を呼んだのは彼のホワイトスーツだ。自作曲「彼女と春を歩く」を歌ってステージに登場したパク・ユチョンの姿にファンたちは、大阪が揺れるような大歓声で迎えた。爆発的な反応にパク・ユチョンは微笑みを浮かべ、約1万人のファンたちは全員立ち上がってパク・ユチョンの歌を共に歌った。

また、この日パク・ユチョンはファンたちと特別な思い出を作ろうと“YU CHUN’Sキッチン”をオープンしてファンに直接料理を振る舞う時間を持った。数字“6002”と可愛いミッキーマウスのワッペンがついたシェフの制服を着て登場したパク・ユチョンは、ファンのために世界でただひとつだけの特製かき氷を完成させ、そのかき氷を抽選で選ばれてステージに上がったファンたちに食べさせるファンサービスで雰囲気を熱くさせた。
一方、今回のファンミーティングでパク・ユチョンは今までの作品活動を振り返り、ファンたちに撮影裏話を伝えた。さらに未公開写真もサプライズで公開した。

さらにファンのひとりに電話をつないでステージに招き、即席でお願いを聞き入れるイベントを行うなど、より近くでファンたちと共にする時間を持って思い出を作った。
公演関係者は「先月30日にパク・ユチョンが大阪で初めて持つ単独公演だったので、良くない天気にも関わらず大阪をはじめとする日本全国から1万人のファンが公演会場をいっぱい埋めつくした。ファンはパク・ユチョンの手ぶりひとつ、表情ひとつにも熱狂的に反応し、彼はファンに感謝の気持ちを伝えようとより一層コミュニケーションを取ろうとした」と明かした。