自分だけの「君、僕に再び」を歌うために最善を尽くす
012

アイドルグループB1A4のサンドゥルがKBS2「不朽の名曲」で優れたボーカルの実力で絶賛された。
サンドゥルは「不朽の名曲-伝説を歌う-」リメイク名曲編で第一走者に抜擢され、ピョン・ジンソプが1992年に発表した5thアルバムの収録曲「君、僕に再び」で挑戦した。この曲はビョン・ジンソプの歌のうち最も多くリメイクされた曲で、キム・ゴンモ、Rumble Fish、キム・ヨヌなどが歌って大人気を得た曲だ。サンドゥルはステージに上がる前のインタビューを通じて「すごく悩んだステージです。あまりにも欲を出しすぎてプレッシャーも大きいですが、このステージを成功させたらさらに成長するきっかけになる気がします」と曲を準備した感想を明らかにした。

その後サンドゥルは同曲を熱唱した。サンドゥルは特有の柔らかく美しい声で視線をひきつけた。ハイライトに向かうにつれ強まる爆発的な歌唱力と濃厚な感性で、完璧に自分だけの「君、僕に再び」を作り出して感動のステージを届けた。その結果サンドゥルは388点を獲得、チョ・チャンヒョク、キム・ソンギョンなどそうそうたる先輩たちを抜いて3連勝を果たして、出演以来初の3連勝を記録した。
サンドゥルのステージを見たホランは「サンドゥルは母性愛を刺激する純粋な感性」、チョン・ゼヒョンは「サンドゥルが『不朽の名曲』で成長している姿を見せるステージだった」と好評した。イ・ジフンは「アイドルボーカルTOP 3に入る」と絶賛を惜しまなかった。

所属事務所は「サンドゥルが今回の『不朽の名曲』のステージのためにたくさん準備をした。自ら3つのバージョンに分けて練習し、所属事務所の職員に聴かせてアドバイスを求めるなど、サンドゥルだけの『君、僕に再び』を歌うために最善を尽くした」と伝えた。
先立ってサンドゥルはMBC「覆面歌王」で“花咲く烏骨鶏”というニックネームで活躍、アイドルを代表するボーカリストとして大人気だ。