「撮影していくつかのカットを見て自ら安堵のため息をついた」
011
アイドルグループJYJのメンバーであり、ミュージカル俳優としても活発な活動を広げているキム・ジュンスが、新作ミュージカル『デスノート』のエル役に対して「原作があまりにも人気があって心配した」と語った。

NAVER TVキャストを通じて生中継されたミュージカル『デスノート』のショーケース現場でキム・ジュンスは、ポスター撮影に対して「撮影前はもの凄く心配した。原作がなかったとすれば、僕がする事に『こう表現しようと思った』と言えるが、あまりにも人気のキャラクターなので迷惑をかけるのではないかととても心配した。どれくらい似ているか分からないが、撮影していくつかのカットを見て自ら安堵のため息をついた」と明らかにした。

さらにキム・ジュンスは「ポスター撮影日には、実際に甘いものをたくさん食べたそうだね」というMCキム・テジンの言葉に「その日はマシュマロ、アメ、チョコレートなどをたくさん食べた。最近も練習しているが、アメを食べるシーンがあるので食べ慣れていないものをずっと食べている」と打ち明けた。

『デスノート』は2003年から連載された日本の同名漫画を原作にしている。偶然デスノートを拾ったことにより、罪人を裁く天才大学生ライト(ホン・グァンホ)と、彼に対抗する名探偵エル(キム・ジュンス)の頭脳戦を描く。
同作品は名前を書かれると死ぬノートという独特な素材から出発した作品であり、新鮮で独創的かつ魅力的なキャラクターなどですでに作品性を認められている。2006年には映画化もされ、日本だけでシリーズ累計3,000万部以上発行された。世界でも35ヶ国で発刊されて大ヒットを記録した。

今月20日から8月9日まで、城南(ソンナム)アートセンターオペラハウスで上演される。