イカのバター焼きとお手製ラーメンをファンに振る舞う
011

JYJのパク・ユチョンが、ファンミーティングでシェフに変身して注目を浴びた。
所属事務所C-JeSエンターテインメントは「高麗(コリョ)大学の花井(ファジョン)体育館で開かれた2015パク・ユチョンファンミーティング『Housewarming party:Epi 2』でパク・ユチョンがシェフに変身した」と伝えた。

引き続き「自身の誕生日パーティー兼ファンミーティングでJTBCの番組『冷蔵庫をお願い』のシェフとして舞台に立ったパク・ユチョンは、今まで隠してきた料理の実力はもちろん食レポまで披露してファンと楽しい一時を過ごした」と付け加えた。
白いシェフの服に青いネッカチーフをして登場したパク・ユチョンは、自ら料理を振る舞ってファンと共に味わう時間を持った。
「冷蔵庫をお願い」のシェフに変身したパク・ユチョンは、即席で冷蔵庫の中の材料から“チンオラン”(イカのバター焼き)と、キムチやチョンヤン唐辛子を入れてすっきりした味に仕上げたお手製ラーメンをホームパーティー料理として披露し、抽選で選ばれたファンたちと共に食べて温かい雰囲気に包まれた。

公演関係者は「1年ぶりに開催する単独ファンミーティングでパク・ユチョンは、いつにもましてファンのためのファンミーティングを作るため、共に楽しめるイベントをたくさん準備した。パク・ユチョンの超特級ファンサービスにファンも非常に喜んだ」とファンミーティングの雰囲気を伝えた。