出演を決めたきっかけとは?

チュ・ジフン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

俳優チュ・ジフンが、映画『奸臣(かんしん)』と新ドラマ『仮面』に対して率直な気持ちを明らかにした。

最近チュ・ジフンはスター&ファッションマガジン「In Style」と写真撮影を行った。ソウル市内の通りとスタジオで行われたこの日の撮影でチュ・ジフンは、無塩食ダイエットで少し元気がない状況でもウィットを忘れず、特有の人の良い性格で現場を明るくした。

撮影後に行われたインタビューでは、5月末に韓国で公開予定の映画『奸臣』の「千年に一度のよこしまな臣下」であるスンジェ役を演じたことについて、「悪役を引き受けるのは危険な選択ではあったが、演技をこれからも続けていくための過程だと思っている。どのような結果になろうとも、いろんなことに試みることが重要だ。」という、所信を表わした。

また、「ミン・ギュドン監督と何度か一緒にやっているので、今回の作品も監督からのメールを受け取ってすぐに『やります』と答えた。」と、キャスティングにまつわる話も伝えた。