侮辱発言騒動が決着

グループJYJのジュンスが、SBSのパク・サンドアナウンサーに対して不快感を表わした中で、所属事務所が公式立場を明らかにした。

所属事務所は「司会者がジュンスを待っていた多くのファンに対して何度も理解できない発言をしたため、これに対して自分の所信を言葉にしようとして行ったこと。」と明らかにした。続いて「SNSは個人の考えを語る空間なので、この内容について別の方向に過熱させようとする目的はございませんのでご了承お願いします。」と述べた。

また、「ジュンスは、これまで広報大使の活動において、金銭的な交通費を受けたことはない。今回のイベントも、公共的な一山(イルサン)花博覧会を促進するための意味深い参加だった。」と説明した。特に「パク・サンドアナウンサーの言葉には、公式的なイベントの司会者として問題になる素地が明らかにあった。これに対する謝罪は必要だと思う。」と付け加えた。

今月23日、ジュンスは自身のTwitterに「司会者の方が誰なのか僕はよく知りませんが、少なくとも礼儀はわきまえて頂く必要があると思います。」とし「年齢に関わらず僕にもファンの方々にも本当に失礼です。」と投稿して目を引いた。

ジュンスは、一山湖公園で行われた「2015高陽(コヤン)国際花博覧会の開幕式」に高陽市の広報大使として参加し、歌を歌った。この日の開幕式の司会を務めていたSBSのパク・サンドアナウンサーは、ジュンスのステージが始まる前から開幕式に訪れたファンに「ジュンスの歌を聞きたいならばうまくやらないといけない。うまく出来なければ帰ってもらうこともできる。」と述べた。

さらに、ジュンスのステージが終わった後も、「もう一度呼んでみましょうか?ちょっと出てきて、歌を歌えないならば挨拶でも少しして頂きたいですが。本当に行ってしまったんですか?時間も余っているのに?国会議員の3名の方も祝辞を諦めて待っていたのに。」と皮肉な発言をした。

事態が大きくなり、最終的にパク・サンドアナウンサーがジュンスに対して謝罪をした。パク・サンドアナウンサーは24日、メディアを通して「司会者として、出演者の気分を悪くさせたということは、どのような状況であったとしても言い訳する余地のない間違いだったと思う。」とし「申し訳ない。」と謝罪の意を伝えた。