アメリカ屈指の制作陣が参加した映画のような迫力

グループBIGBANG(ビッグバン)が超大作の予告映像を電撃公開した。

17日午後、YG公式ブログ(www.yg-life.com)に、3分ほどのワールドツアーの予告映像「BIGBANG “MADE” TOUR TRAILE」が掲載された。

同日午前にはポスターを通して「BIGBANG PRESENTS:MADE」という今回のBIGBANGのワールドツアーとニューアルバムのプロジェクト名を明らかにした。今回の予告映像に使用された音楽は、G-DRAGON(Gドラゴン)が直接作詞に参加したことが分かった。

映像は、耳を魅了するメロディーと共に、白いワイシャツに黒のスーツを着たBIGBANGのメンバーたちの登場で始まる。サングラスをかけて余裕の笑顔を浮かべているメンバーたちの姿が視線をひきつける。また、ヴィンテージカーに乗って疾走するBIGBANGの姿と銃撃、追撃シーンが続き、映画のようなビジュアルを誇っている。

今回の映像は、100人以上のアメリカの敏腕制作陣が参加した。ビヨンセの長年のビデオグラファーであり、公演演出家として活動している「エド・バーク(Ed Burke)」がクリエイティブビジュアルディレクターとして参加し、ラルフローレンのダブルアールエル(RRL)のようなアパレルグラビアの撮影を指揮した「ディケール・リマシ」が撮影監督として参加した。

またカニエ・ウェスト、ビヨンセ、マドンナほか多数のミュージックビデオを制作した「ジョナサン・リア(Jonathan Lia)」がプロデューサーとして参加して力を添えた。カーチェイスには、「ワイルド・スピード」シリーズの「ニノ・パンジニ(Nino Pansini)」が撮影を担当し注目を集めた。

4日間、カリフォルニア州ランカスターにある砂漠やロサンゼルスのダウンタウンなど、オールアメリカロケで撮影された今回の映像には、ハリウッド内のスタジオ、有名な建築家「ジョン・ロートナー(John Lautner)」が造ったビバリー・ヒルズのゴールドスターイン邸(Goldstein residence)などのホットプレイスが登場して目を引く。

2016年まで続く今回のワールドツアーは、約15カ国、70回の公演を通して世界中で約140万人の観客を動員する。今月25、26日BIGBANGの新曲が初公開されるソウル公演を皮切りに始まるワールドツアーは、中国、日本、東南アジアはもちろん、アメリカに至るまで、世界各国のファンと一緒にする予定だ。