「機会があれば2AMで必ず一つになる」

所属事務所JYPエンターテイメントを去ることになった2AMのイム・スロンが、移籍確定後の心境を明らかにした。

先月26日、2AMのイム・スロンが元所属事務所であるJYPエンターテイメントとの契約が満了し、俳優として活動するためにサイダスHQと契約を交わしたというニュースが伝えられ、多くのファンは残念さを表した。

2AMのメンバーチョ・グォンのみJYPに残ることにし、イム・スロンはサイダスHQとの契約を確定、チョン・ジヌンはミスティック・エンターテイメントと契約を打診しているというニュースは、2AMの解体を意味するものと見られたためだ。

これに対してイム・スロンは、あるメディアを通して「実感があまり湧かない。メンバーたちともよく会っているのでなおさらだ。僕たちは毎日会っていた者同士だ。チャンミン兄さんとは電話もよくするし、(チョン)ジヌンや(チョ)グォンは同じ町に住んでいるので毎日会う。第3者から見たら心配になる部分もあるだろうが、僕たちとしてはまったく心配していない。」と説明した。

また、今後2AM 4人のメンバー全員が一つになる可能性についての質問には「まだ計画について確かなことは言えない。機会があれば一つになる予定はある。godや神話のような先輩たちのように」とし「でも、時代が変わればどうなるか分からない。」と述べた。

イム・スロンは続いて「期待している。僕がお見せできていなかった姿をお見せしたい。僕にできることすべてをお見せしたい気持ちだ。演技や音楽、バラエティも僕が出来るラインの中でお見せしていきたい。」と覚悟を固めた。