イ・ビョンホンの今後の活動に注目が集まる

イ・ビョンホンが息子を「ジュヌ」と名付けたことが分かった。

イ・ビョンホンとイ・ミンジョン二人の所属事務所は「イ・ビョンホンとイ・ミンジョンが男の子を出産した。母子ともに健康だ。」と明らかにした。

これにイ・ビョンホンは所属会社を通じて「家族という言葉がありがたく、大切に感じられる瞬間です。何よりも感謝している新しい命の誕生をきっかけに、最も重要なことは何なのか、もう一度深く考えています。これまで失望させた部分を償いながら、良い姿をお見せできるように努力します。是非母親と新しい命だけは暖かい視線で見守っていただきますようお願い申し上げます。」と感想を伝えた。

イ・ミンジョンの所属事務所の関係者は「イ・ビョンホンとイ・ミンジョンの息子の名前はイ・ジュヌ」とし「赤ちゃんだがママとパパの良い点にそっくりでとてもハンサムだ。」と話した。関係者は「イ・ミンジョンは、赤ちゃんを産んだ人とは思えないほど、まったく太っていない。健康だ。何よりも、赤ちゃんがとてもかわいくて、イ・ビョンホンもイ・ミンジョンもみんな幸せそうに見えた。」と、現在の状態を伝えた。

イ・ビョンホンが韓国に滞在している中で、ハリウッド映画の撮影のためのアメリカへの出国や、映画『侠女:剣の記憶(以下『侠女』)』、『内部者たち』の公開日などの今後の歩みに関心が集まっている。

イ・ビョンホンの所属事務所であるBHエンターテイメントの関係者は、「イ・ビョンホンはまだ妻イ・ミンジョンのそばを守って韓国に滞在している。」と明らかにし、「出国日程はまだ決まっていない。」と述べた。

映画『侠女』と『内部者たち』の公開日も決まっていない。『侠女』の韓国配給を担当したロッテエンターテイメント関係者はOSENに対し「公開日はまだ未定だ。議論中だ。」と述べ、『内部者たち』の配給を担当したShowboxエンターテイメント側も「議論中であるが、公開日は未定」と伝えた。