美しいグラビアで魅力を発散

KARAのスンヨンが、自身のカラーで彩ったファッショングラビアを公開した。

美しく華やかで愛らしいシックな姿を多様に披露スンヨンは、格別な魅力で撮影現場すべてのスタッフの歓声と視線をひきつけた。

今回の写真は、EGOIST、LeShop、STYLENANDA、ROCK REVIVALなどのファッションブランドから構成された四つのコンセプトで行なわれた。この日スンヨンは、フェザーで装飾されたシースルードレスで、スリムで完璧なボディラインを誇った。また、フェミニンなピンクにブラックのポイントを加えたシニカルなムードで輝くグラビアを完成させた。

続いて行われたインタビューでスンヨンは、人気を博して放映終了したMBCドラマ『やって来た!チャン・ボリ』でワガママなカウル役でたくさんの愛を受けたが難しかったシーンとして、劇中の序盤のキャラクターが14歳の設定だったためにたくさん悩んだと振り返った。

スンヨンは「頭は三つ編みにして長くつ下のピッピみたいにした方がいいかな、メイクはもっと爽やかにすべきかな、とすごく悩みました。クム・ボラさんとハン・ジニさんがたくさん助けてくれました。先生方に感謝しています。」と述べた。

また、KARAのメンバーとして合流することになったヨンジと6歳の歳の差があるというスンヨンは、22歳だった時の自分を思い出しながら「疲れていたし、いらいらしてばかりいたように思います。食事も急いでとっていたので、健康も良くなくなったし、薬をたくさん飲んでいました。自己管理はもちろんのこと、周りの人のことも顧みてあげられてなかったです。その時の私と比較するとヨンジはよくやっています。ヨンジは最近スケジュールが忙しいですが体調管理もしっかりしていると思います。」と末っ子ヨンジを感心に思う気持ちを表わした。

メンバーハラとは近くに住んでいて絆が厚いというスンヨンは、乗馬も一緒にするほど親しい間柄だと明らかにした。「ハラちゃんとは、知り合ってもうだいぶたつのでその分絆が厚いです。乗馬場まで交互に運転しておいしいものを食べたり観光したりします。」と古い友情を認証した。