公演型アイドルとしての底力を発揮

グループBTOB(ビートゥービー)が、韓国で初の単独地方コンサートを成功のうちに終えた。

BTOBは4日夜、釜山(プサン)KBSホールで開かれた「Hello!Melody in釜山」で2千5百人の観客を動員し、約5ヶ月ぶりにアンコールバージョンで行われた単独コンサートで再度公演型アイドルとしての底力を見せてくれた。計2時間半の間行なわれた今回のコンサートは、ソロやユニット、自作曲ステージなどを含む25曲のライブステージを公開し、優れた歌唱力とパフォーマンスで、BTOBの実力と可能性を完璧に証明した。

久しぶりに行われたBTOBの単独コンサートを見るために、海外からはもちろん、韓国各地から集まったファンたちは、ブルーに光る応援棒で会場を埋めつくし、熱狂的な声援を送った。

ヒット曲「WOW」を皮切りに破格レベルのステージで火ぶたを切ったBTOBは、「Thriller」、「Beep Beep」などの代表曲を熱唱し、キレのあるダンスパフォーマンスを披露しながらもぶれないライブで、公演序盤から観客に忘れられない感動をプレゼントした。続いてBTOBは嵐が吹き荒れる悪天候だったにもかかわらず公演を見にきた、韓国内外のファンに重ねて感謝を伝え、喜びの挨拶を伝えた。

特に、すべての曲において完璧な掛け声と応援方法を披露した熱狂的な観客の反応に感動したように「最高だね!」という意味の釜山なまりのコメントでセンスあふれる感想を表わすこともした。

ソロステージの幕を開いたのは「アメリカダンス」パフォーマンスで、強い男性美を強調したプニエル。続いて、初コンサートでは「君は僕の天使」で姉JOOとのコラボを披露したイルフンは優れたラップを披露し、美しい白雪姫に変身したヒョンシクとキュートなステージを披露した。チャンソプは、ブルーノ・マーズとマーク・ロンソンの「Uptown Funk」をソロステージで飾りながら”最高の音色”の異名を持つ歌手としての面目を誇った優れたパフォーマンスで拍手喝采を浴びた。

続いて初披露となったミンヒョクとイルフンのカリスマが引き立つラップユニットのステージが繰り広げられた。キム・ドンリュルの「記憶の習作」を完璧に披露したソンジェと、ソロ曲「あの時あの日のように(Back in the day)」で驚くべき歌唱力を披露したウングァンまで、ソロステージではメンバーたちの隠された多彩な魅力を確認することができた。バラードやパンク、HIP HOP、ダンスを行き来しながら多彩なスぺクトルを披露したBTOBの単独コンサートは、デビュー当初から進められてきた海外プロモーションを通して鍛えられた実力派公演型アイドルBTOBの真価を再度露出した。

公演終了後、BTOBは各自SNSを通して公演を終えた感想と感謝のメッセージを伝えた。ソンジェは「今日釜山コンサートとても面白かった。ソウルから来られたMelodyは、気を付けて帰ってね。シートベルト絶対して。家に到着したら返信残して!」というコメントで風変わりな男らしい思いやりのある姿を見せた。ミンヒョクは今回初めて公開された新しいラップユニットのステージについて言及し、キュートな感謝を表明した。

リーダーウングァンは、「BTOB、Melody(ファンクラブ名)みんなが渾身の力を尽くした釜山コンサート。やっぱり楽しかった。本当に最初から最後まで一つになった感じ。」としながら「僕は今日ミンヒョクとイルフンのコラボステージがあまりにも素晴らしくて、スーパーはまった。二人でアルバム出せ。」というかわいいファンモードのコメントを加えて温かさをかもし出した。