“ロック・スピリット”を込めたアルバム『I WILL』で人気を証明

グループFTISLANDが今回のアルバムでミュージシャンとしてのアイデンティティをしっかりと示しているという評価を得ている。

FTISLANDは、先月23日に5thアルバム『I WILL』を発売して韓国歌謡界に帰ってきた。『I WILL』が特別な意味を持つ理由の一つは、収録された全11曲がすべてメンバーの自作曲という点だ。そのため、これまで以上にメンバーたちの音楽への思いと愛情、そして“ロック・スピリット”がそっくりそのまま盛りこまれたアルバムになっている。

タイトル曲「PRAY」は、強烈なギターサウンドと高速リズムが引き立つパワフルなハードロックジャンルの曲。偽りに満ちた世界で神に向かって祈りを叫ぶ真実への渇望を歌詞に込めている。イントロから充満するバンドサウンドと、イ・ホンギの爆発的な高音がしびれさせる。リーダーチェ・ジョンフンが作曲し、彼と一緒にイ・ホンギ、イ・ジェジン、ソン・スンヒョンの4人のメンバーが一緒に作詞した。

明らかに普及しやすいイージーリスニング曲ではなく、最近のデジタル中心の音楽市場で受け入れられやすいトレンディなジャンルでもない。デビュー9年目を迎えたFTISLANDが、1年4ヶ月ぶりの韓国活動で初のジャンルに試みたタイトル曲で、これは特別な勇気と挑戦だと見ることができる。メンバーたちは、「PRAY」はこれまで披露した音楽の中で最もFTISLANDの色に近いと明らかにしている。

しかし、地上波の音楽番組(KBS 2TV「ミュージックバンク」)で1位を獲得し、単にFTISLANDが「やりたい音楽」で終わらなかったという証拠を見せてくれた。もともと強力なファン層を誇っていたが、大衆との接点がなければ成せなかった結果だ。

FTISLANDは「僕たちの歌で出した最初のアルバムなので、本当に感謝です。家族にも感謝だし、何よりも僕たちを信じてくれたファンに感謝している」と1位獲得の感想を明らかにした。

「恋人との愛と別れ」という限られたテーマから離れ、より大きな意味の「愛」を歌いたいと思ったFTISLANDが、ロックをするアイドルバンドという韓国歌謡界での特別な位置を上手に固めていくだろう。そして、今回のアルバムは、このようなFTISLANDの歩みに重要なポイントとなる見込みだ。