「所属女優と志をひとつにしたかった」

女優パク・シネが最近セウオル号の犠牲者家族のために5,000万ウオンを寄付したのに続き、彼女の所属事務所S.A.L.T.エンターテイメントもセウオル号の惨事を哀悼するため、寄付に参加した。

某関係者によれば、S.A.L.T.エンターテイメントは会社名でNGO団体希望ブリッジ全国災害スローガン協会に1,000万ウオンを寄付した。先立ってパク・シネが所属事務所に知らせずに5,000万ウオンを寄付したのに続き、所属事務所も静かに寄付したことが分かった。

所属事務所は「所属女優も静かに寄付を行ったので、志をひとつにしたかった。セウオル号の惨事で苦痛を受けている人々を少しでも慰められたら良いだろう」と明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-