「声であらゆる事を表現しなければならないため難しかった」

ZE:Aのメンバーシワンが初めての吹き替えに臨んだ感想を語った。

ソウル、永登浦(ヨンドゥンポ)区、汝矣島(ヨイド)洞のCGV汝矣島で行われたアニメ「RIO2」のミュージックフェスティバルショーケースに吹き替えを務めたZE:Aのシワンと少女時代のサニー、声優のリュ・ダムヒョンとイ・ジャンウオン、クロスオーバーソプラノのユン・ヨンジン、イ・ナリメ音楽監督が参加した。

これまで歌手、俳優などの分野に挑戦してきたシワンは「吹き替えには初めて挑戦した。貴重で震えたりもした経験だった」と語った。

続いて「難しいことが多かった。演技をする時は声だけでなく表情、身振りなどを含めてすべてやれば出来る。言葉が足りない部分があってもカバーされるが声であらゆる事を表現しなければならないため難しかった」と説明した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-