「大きな被害はなかったと確認された。詳しい事は確認中である」

俳優チャン・ドンゴンとコ・ソヨンの京畿道(キョンギド)加平(カピョン)の別荘に泥棒が侵入した事件で、大きな被害はないと確認された。

チャン・ドンゴンの所属事務所関係者は「加平の別荘に泥棒が侵入した。警備業者が出動し、続いて警察も出動した」と語った。続いて「現在、別荘に居住している人はいない状態で、大きな被害はなかったと確認された。詳しい事は確認中である」と付け加えた。

チャン・ドンゴンとコ・ソヨン夫婦の加平の別荘はコ・ソヨンの両親のために購入したもので、地下1階、地上3階の規模で建てられた。現在チャン・ドンゴン、コ・ソヨン夫婦はソウル、三成(サムソン)洞に居住しており、加平の別荘に居住している人はいない状態だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-