『ずる賢いバツイチ女』のファーストシーンは“1発OK”

俳優に変身したアイドルグループINFINITEのエルが、変わり者のイケメン秘書の魅力を収めた写真を公開した。

エルはMBC新水木ミニシリーズ『ずる賢いバツイチ女』で視聴者と会う。放送に先立ち、劇中D&Tソフトベンチャーズ代表チャ・ジョンウ(チュ・サンウク)について回る変わり者の運転手兼秘書キル秘書役を担った。劇中チャ・ジョンウが自身の情けない姿を唯一見せるソウルメイトのような存在で、チャ・ジョンウと独特な“男×男コンビ”を披露する予定だ。

これと関連してエルが華やかな笑顔を見せながら、やわらかな魅力を発散した初めての撮影現場が関心を集めている。劇中キル秘書が複雑な表情を作っているチャ・ジョンウを車に乗せて移動しながら会話をするシーン。エルは意味深長な目つきと表情を浮かべ、時にはしらじらしく、時には単刀直入を投げるキル秘書で完璧に没入、自然な演技を表わした。

何よりエルは先輩俳優チュ・サンウクと初めての撮影をすることになり、多少緊張した姿を表わしていた。しかしチュ・サンウクが登場すると、先に近付いて深々と頭を下げて挨拶をして、特有の清々しい親和力を発揮、現場を和ませた。その後急速に親しくなった2人は、撮影が始まるとすぐに息をぴったりと合わせて“1発OK”を得た。

製作会社は「短いシーンだったが、初めての撮影に対してしっかりと準備をしてきたエルによって、撮影現場の雰囲気が熱かった。監督をはじめ、先輩演技者であるチュ・サンウクに近付いて、多くのことを学ぼうとする姿に全員感動した。新人俳優の姿勢で情熱を見せているエルに期待してほしい」と明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-