アジアの歌手としては唯一

アイドルグループEXOがアメリカ有数の音楽専門紙ビルボードが選定した「2014年注目するアーティスト14」に名を連ねた。

ビルボードは今月13日(以下現地時刻)「2014年注目するアーティスト14(14 Artists to Watch in 2014)」というタイトルの記事を掲載した。この中でEXOはアジアの歌手としては唯一「2014年注目するアーティスト14」に選ばれた。

ビルボードは「EXOはアメリカでますます多くの関心を集めているボーイズグループで、12人のメンバーで構成されており、K-POPの次世代クロスオーバースターに位置するだろう」と賞賛し、「サウス・ヒップホップの影響を受けた『Growl』のミュージックビデオはすでに国際的に有名なPSY、少女時代に続き、2013年アメリカで3番目にたくさん見られたK-POPのミュージックビデオでもある。またEXOは『2013年、アメリカで最も多く売れたK-POP(2013 Biggest-selling K-pop tracks in America)』で『Growl』は5位、ダブステップからインスピレーションを得た『Wolf』で9位にランクインした」と説明した。

ビルボードが発表した「2014年注目するアーティスト14」は今年大きな成果が期待される世界のアーティスト14チームを選定したもので、アジアの歌手としては唯一選ばれたEXOのグローバルな位置づけを改めて確認できる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-