「今後も力を合わせて真の寄付活動を着実にしていきたい」

俳優ユ・ジテ、キム・ヒョジン夫婦が善行で共感を集めた。

NAMOO ACTORSによると、ユ・ジテとキム・ヒョジンは毎年企画されているファッション雑誌ELLEの「シェア・ハピネス」プロジェクトの慈善ポスターに参加した。ワールドビジョン広報大使として着実に活動しているユ・ジテとキム・ヒョジンは今回スーダンの子供たちのための学校を作るために快く慈善ポスターに参加した。2人の俳優はインタビューを通じて寄付は必ずしも大きいものでなくても構わないという点を強調した。

演技と演出をする際に自身の作品が他の人に及ぼす影響を考えるというユ・ジテは「慈善に特別なきっかけがあったというよりクリスマスに孤独を感じる子供たちと食事でも一緒にしたいという気持ちだった。そんな思いが具体化されてできることが増えた」と寄付を始めることが難しいことではないとの見解を伝えた。

キム・ヒョジンも「幼い頃から寄付への思いがあったが共にすることができる家族ができたことで寄付が大きくなった。アフリカに学校を作るプロジェクトも1人ではできないことではないか」と語った。NAMOO ACTORSの関係者は「ユ・ジテは子供たちが勉強できる環境を作ることに、キム・ヒョジンは捨て犬の保護に関心が高い。今後も力を合わせて真の寄付活動を着実にしていきたい」と伝え、2人の俳優の持続的な慈善活動の計画を明かした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-