12月初めにクランクイン

俳優イ・ミンギ、パク・ソンウンが映画「皇帝のために」で団結する。

「皇帝のために」製作社のオフィスピクチャーズの関係者は「『皇帝のために』がイ・ミンギ、パク・ソンウンのキャスティングを確定して12月初めにクランクインする」と明らかにした。

「皇帝のために」は釜山を背景にして勝った者だけ生き残る賭博部屋の世界で最後の勝者になるためにすべてのものをかけた男たちの話を描いたアクションノワール映画だ。「雪国列車」「アジョシ」を製作したオフィスピクチャーズが製作を引き受け、パク・サンジュン監督がメガホンを取った。

イ・ミンギは今回の映画で野球選手出身で勝負の組織に巻き込まれた後、すべてのものを失って下積みの世界に携わるようになったイファン役を引き受けた。持ったのは何もないがやせがまんと毒気で自分だけの領域を広げて行く組職の若いイファン役として扮してデビュー後初めて荒くて強い男性美を披露する予定だ。

パク・ソンウンは行く場所のないイファンを組職に引き入れるサンハ役を引き受けた。社債業と賭博部屋を掌握している皇帝派のボスのサンハはビジネスでは一抹の情け心もない冷血さだが組職のファミリーたちだけは義理と信頼で導く人物だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-